〜基礎押さえて、数学を苦手教科から得意教科に変えよう!〜

 

問題を解くためにはポイントがある!
 

どうも数学が苦手だ…。
数学は難しい…。
理解できない…。
分からない…。
だから、嫌いだ!
 
そんな不安や心配を持っている人、きっとたくさんいるのでしょう。
 
こうなってしまった理由は、いろいろあると思いますが、実は、ほんのちょっとした『つまづき』が、いまの状態を作ってしまったのです。
 
例えば、先生の教え方が『いまいち』だったり、
教え方はよかったけれど、ちゃんと聞いていなかったり、
ちゃんとは聞いていたけど、ちんぷんかんぷんだったり…(=先生の教え方が『いまいち』)
 
でも、実はその原因の一つが、数学で問題を解く上でのポイントを知らずに、やみくもに問題に取り組んでいることです。

そうすると、

解き方がよくわからない→時間がかかる→でも間違えた→よくわからない

という悪循環をたどることになってしまうのです。


 
そのことを、中3で勉強する『平方根の計算』を例に説明してみます。
 
まずは次の問題を解いてみましょう。
<例題>次の式を簡単にせよ。(制限時間30秒)       

          
 
 
・どうやって計算していいか、ぜんぜん分からない人はこちらへ
 
どうですか?
制限時間内に解けましたか?
「解けたけど、制限時間はオーバーした!」
という人がほとんどだったのではありませんか?
 
とにかく解けた人は立派です。

でも、受験を控えた皆さんは、「ただ解ければいい!」というわけにはいかないのです。
 
正確に、そしてスピーディーに! 解かなくてはいけません。
 
そのためには、ルートの計算のためのコツがあるのです。次へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 

★おすすめ
中・高一貫の数学 (中学数式編)

中・高一貫の数学 (中学図形編)

 
 
 
 

 最終更新 2019.01.05


第1回 平方根@
ルートの中の数字を瞬時に小さくする

第2回 平方根A
ルートの積は共通の数を探せ

第3回 2次方程式@
半分にして2乗を引く

第4回 2次方程式A
因数分解できるか

第5回 直線の方程式
座標の考え方で求める


Copyright (C) 2003-2019 Saburo Tanzawa All Rights Reserved